ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

スピードウェイスタウトが重厚コーヒー美味い | 米国産クラフトビール ※追記あり

どうもー、ガイコツ(@of_za_dead)です。

今回はビールレビュー回です♪


さて今回は、アメリカのブルワリー、エールスミス(ALE SMITH)

スピードウェイスタウト

をご紹介していきます。


レアビールとして有名なスピードウェイスタウト。

どんな味わいのビールなんでしょうか?楽しみですね♪

早速見ていきましょう☆


ヒウィゴゥ(ง ˙ω˙)ว

カモン(ง ˙ω˙)ว


スピードウェイスタウト(SPEEDWAY STOUT)

エールスミス(ALE SMITH)のスピードウェイスタウト(SPEEDWAY STOUT)
強烈な色。まさに漆黒。

泡立ち良く、黒ビール特有の消えない微粒子泡(粒子砲はガンダムです)です。

泡まで美味しい、クリーミーなやつですね。


ラベルは、黒を基調として、チェッカーフラッグが交差し、リング状にタイヤ痕が走っています。イカす。



内容量:473ml

アルコール度数:12%

ビアスタイル:ロシアン・インペリアル・スタウト

原材料:麦芽、酵母、糖類、コーヒー、大麦、オート麦、ホップ

IBU(国際苦味単位):60

原産国:アメリカ


参考:スタウトとは?


このスピードウェイスタウト(SPEEDWAY STOUT)、世界のベストビールにたびたび選ばれるなどして人気が高く常に品薄であるとかで、これ一本なんと1900円もしました!

ビールのロールスロイスなんていう二つ名も持っているレアビールです(でも通販で買えるのだ笑)。

www.alesmith.jp


エールスミス(ALE SMITH BREWING COMPANY)

エールスミスは、アメリカ・サンディエゴを代表するブルワリーです。

アメリカ・サンディエゴを代表するブルワリー「ALESMITH」。

カリフォルニア南部をビール製造のトップへと成長させた一社である。4 人のブルワーは、全員ジャッジの技能を有し自家醸造家として受賞歴もある。すべてのファンタスティックな高アルコールビールは、目指すスタイルの発祥地の水質から再現していく。こだわりぬいたビールは熱狂的な支持者が多い。世界中の大会で

250以上の賞を受賞している。

Great American Beer Festival 2008

<Small Brewing Company of the Year>受賞。
出典:エールスミス公式HP


エールスミスというネーミングは、ビール醸造という労働の過酷さが、まるでブラックスミス(=鍛冶屋)のようであることが由来となっています。
www.alesmith.jp


エールスミス(ALE SMITH BREWING COMPANY)のレビュー記録 ※18.10.31追記

余分な原料は使われていないながら、ナッツやコーヒー、ビスケットを思わせるフレーバーと香りが素晴らしいナットブラウン。

www.gaikotsublog.com



人気バンド「SUBLIME」とのコラボビール、サブライムメキシカンラガー。

フレイクドコーンを加えたことで、甘やかで香ばしい不思議な味わいを生み出した個性あるラガーです。

www.gaikotsublog.com

スピードウェイスタウト(SPEEDWAY STOUT)をテイスティング

香りは甘く、香ばしいローストバーレイ(焙煎した大麦)とコーヒー。

何度も嗅いでしまうふくよかな香りです。


早速いただいてみましょう。

ちびりちびり…


はああっ…うんめええええ!!

ローストバーレイの豊かな香り、苦味と、サンディエゴのライアン・ブラザース社によるコーヒーの苦味、酸味に糖分がコクを与えています。

そしてアルコール12%のボディーブロー!!

どっしりとものすごい飲み応えです!


ただし、余分なアルコール臭は全く感じません。

これは、ロースト香とコーヒーの風味などによって中和されているせいでしょう。

美味し。


スィーツと合わせたら最高かも知れません。

チェリーパイとかいかがでしょうかね。



まとめ…スピードウェイスタウトでかっ飛ぼう

ビールのロールスロイス、楽しませていただきました。

1900円は決して高くないなと思わせる、納得の美味さ。

運良くお土産で買えたのは、本当に僥倖でした。


けやきひろばの店舗のほうでは、一日20杯の限定販売だったんですね。

飲めた方は運がいい!!


ほろよいでいい気分、ごちそうさまでした!今回はこの辺で!バイキュー☆