ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

モンクス・アンクル(MONK'S UNCLE)がフルボディ甘やか美味い | アメリカ産クラフトビール

どうもー、ガイコツ(@of_za_dead)です。

今回はビールレビューです♪


今回は、アメリカはシアトルのパイクブリューイング(PIKE BREWING)のビール、

モンクス・アンクル(MONK'S UNCLE)

をいただきました。


わたくしガイコツ、はじめて見るブルワリーのビールだったんですが、いったいどんなお味がするんでしょうか?

早速見ていきましょう☆


ヒウィゴゥ(ง ˙ω˙)ว

カモン(ง ˙ω˙)ว


モンクス・アンクル(MONK'S UNCLE)

パイクブリューイング(PIKE BREWING)のモンクス・アンクル(MONK’S UNCLE)
酵母たっぷりで濁ったブロンド。

泡立ちはそれほどよくはないものの、泡持ちがいいですね。


内容量:355ml

アルコール度数:9.0%

ビアスタイル:トリペル(トリプル)エール(アベイビール)

原材料:麦芽、ホップ、砂糖、酵母

IBU(国際苦味単位):34

原産国:アメリカ


トリペルエールというのは所謂ベルギーの修道院ビール(アベイビール)のスタイルの1つです。

度数が強いことが特徴ですね♪


猿おじさん」のイラストが可愛いです笑

猿おじさんも飲んでますね笑

パイクブリューイング(PIKE BREWING)

www.pikebrewing.com

シアトルの醸造所、パイクさん。

アートワークがイカしてます。


30樽の醸造所で、年間約12,500バレルのビールを生産しているとのこと。

パイクプレイスマーケットという、有名な市場のある地区にあるそうです。


パイクパブというタップルームを併設しているようですね。


こういうブルワリーが日本にもどんどん出来てほしいなあ。

Pike Brewing Company


モンクス・アンクル(MONK'S UNCLE)をテイスティング

香りはどうでしょうか、スンスンスン…

なるほど、どっしりアルコールを感じさせる香り。


甘みや酸味を感じさせる、なんだか小麦のようなアロマもありますね。

酵母のせいかな。


飲んでみましょうか。

グビグビグビっ…

おおおおー、美味い!フルボディスイート美味し!!


9%ということで飲みごたえありますが、度数ほどはきつく感じません。

糖類の添加された甘みは、白桃やチェリーを感じさせるフルーティなもの。

モルトの味わいが重厚で、ホップのキャラクターは控えめでしょうか。


IBU34ということで、ほろっと苦い後味がいいですね♪

9%にしてはドリンカビリティが高く、がぶ飲みしてやばいことになりそうな味わいです(^_^;)


モンクス・アンクル(MONK'S UNCLE)のペアリングロック☆

飲んだビールに似合うと感じるロックを、わたくしガイコツが独断と偏見で発表してしまうゲテモノコーナー、ペアリングロック

モンクス・アンクルにペアリングしたいロックは、ずばり

Mudhoney - Suck You Dryです。


youtu.be


シアトルと言えばグランジ!

モンクスアンクルのどっしりとした飲みごたえには、重たいリズムのマッドハニーを合わせてみました。

お気に召したらいいんですが♪

是非お試しください(^_^)


まとめ…アベイビールのアメリカンな解釈…フルーティさが美味しいモンクスアンクル。

いやー、美味しかったです。

フルボディのモルトの旨み、糖類の甘みに酵母の旨みが複雑に混ざり込んで、感動の美味さでした♪

そして9%なのに飲みやすい!

寒い時期に常温で飲んでも美味しいと思いますよ(^_^)


ほろよいでいい気分、ごちそうさまでした!今回はこの辺で!バイキュー☆