ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

京都麦酒 ブロンドエールが山田錦美味い | 国産クラフトビール

どうもー、ガイコツ(@of_za_dead)です。

今回はビールレビュー回です♪


さて、今回は国産のクラフトビール、黄桜酒造さんの

京都麦酒 ブロンドエール

をご紹介していきます。


黄桜さんといえば日本酒醸造で有名なメーカーさんですが、美味しいクラフトビールも造ってらっしゃるんですよねー。

ご存知でしたか?


今日はどんなビールが飲めるのか、楽しみですね(^_^)

早速いってみましょう☆


ヒウィゴゥ(ง ˙ω˙)ว

カモン(ง ˙ω˙)ว




黄桜酒造

黄桜さんのHPで製品情報を拝見すると、やはりそのほとんどが日本酒。

製品情報|黄桜株式会社


ですがその中に、「地ビール」というカテゴリーも発見できますね♪

kizakura.co.jp


ラインナップは、京都麦酒シリーズとLUCKYシリーズ。


わたくしガイコツがいただいた黄桜さんのビールについては→こちらを是非ごらんください♪



京都麦酒 ブロンドエール

黄桜酒造さんの京都麦酒ブロンドエール
くっきりと美しいブロンドの液色です。

泡立ち、泡持ちともに適度。


缶に「酵母入り」と明記されている通り、少々の濁りがあります。



内容量:350ml

アルコール度数:5%

ビアスタイル:ブロンドエール

原材料:麦芽、ホップ、米

原産国:日本


ブロンドエールというスタイルは、どこにカテゴライズしたらいいか本当に悩みます(^_^;)

国際的なガイドラインのうえでは、ハイブリッドビアのくくりに項目があるほか、ベルジャンスタイルのストロングエールの小分類の中にもブロンドエールの名が出てきます。

Beer Style Guidelines 日本語版


また、日本地ビール協会によるビアスタイルガイドラインでは、ベルジャンスタイルのほか、北米発祥のエールとして定義されています。


本稿では、このビールの特徴を加味し、アメリカンスタイルのブロンドエールとしておきます。


京都麦酒 ブロンドエールをテイスティング

香りは、アルコール臭やモルトの軽い香り。

ラガービールに近いです。


飲んでみましょう。

ゴキュゴキュゴキュ…

ふむふむ、モルト全開!


モルトのキャラクターが支配的で、その奥にかすかにホップのアロマ、フレーバーがあります。

軽い酸味も。

特徴的な甘みとコクは、山田錦によるものかな?


後味にザラッとした苦さがありますが、悪い印象ではありませんね。



まとめ…大人しめで飲みやすい、クラフトビールの入門編

いかがだったでしょうか?

アメリカンなブロンドエールスタイルは、国内大手メーカーのラガーを飲み続けてきた人にも受け入れられやすい、飲みやすいスタイルです。

そんな中にも、山田錦の特徴などが感じられ、なかなか意欲的なビールでしたよ(^_^)



ほろよいでいい気分、ごちそうさまでした♪今回はこの辺で!バイキュー☆