ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

きくちひろき@埼玉県熊谷市の『中間醤油ら〜めん』が牛骨美味い

どうもガイコツです。花見の帰りに、 

www.gaikotsublog.com

 

久しぶりのお店で懐かしいラーメンいただいてきました。

 

今回伺ったのは、10年位ぶりの訪問、

きくちひろき(埼玉県熊谷市)

さんです。

 

 

 

きくちひろき 

twitter.com

熊谷駅から徒歩5分ほどの好立地です。

駐車場はないので、お車の場合はお近くのパーキングへ。

駅近なので、駐車場は周辺にたくさんあります♪

  

 

「きくちひろき」という店名が個性的ですが、その昔のある時期、このお店のインスパイアか?それとも系列店か?わからないですが、こうした氏名が店名になったお店が何店舗も開店し、「氏名系ラーメン」として一つの文化を作った時代もあるのです。

前橋市の「うのたいと」さんなどとても美味しかったですが、かなり前に閉店してしまいましたねぇ。

 

一方で、きくちひろきさんといえば「一条流がんこラーメン」の直系分家。

ramendb.supleks.jp

こちらの特徴は極上の牛骨スープですね。

 

さて、お店は骨がクロスするカッコイイロゴが目印。

お店の前には巨大な牛頭骨がぶら下がっていて、これが営業中の目印になってます。

暖簾代わりにTシャツがかかってます!そしてお店前の布看板には、元祖がんこラーメンの座右の銘、

「きょうも又、咲くか咲かぬか我がスープ、咲かせて見せようがんこ花。」

の文字が刻まれていますよ♪

写真撮り忘れたのが悲しい(^_^;)

 

到着は昼営業の閉店間際、13:30頃。3組の待ちでした。

私達が入店した後も、閉店ギリギリまで途絶えない客足。

 

店内席はカウンターのみ。

オーダーは食券制です。

きくちひろきの食券販売機

 

今回は一番人気の中間醤油にチャーシューを1枚トッピングしました。

 

 

卓上の様子。コショウなどのほか、ダシ汁とカエシも用意され、味の調節が可能です。

 

きくちひろきさんの説明ポップ

きくちひろきさんの卓上の様子

 

 

 

醤油ら〜めん 中間醤油 チャーシュー+1枚 900円

 

きくちひろきさんの醤油ら〜めん 中間醤油 チャーシュー+1枚 900円



オーダーから5分ほどで着丼。

お二人のオペレーションながら、手際の良さがものすごい。まさしくプロの仕事。

 

ヴィジュアルは、鮮やかな清湯醤油を覆う背脂。チャーシューでっか!!

 

 

 

 

  • チャーシュー(バラ)
  • 刻みねぎ
  • 海苔
  • メンマ

チャーシューはバラスライスです。巨大で厚みもあり高コスパ。

そしてこの味わいと柔らかさ!!

箸でつかめません!これ本当!

つかむと崩れる!

味もしっかりと旨味が強く最凶ランクの美味しさです!!

 

 

 

  • 中細ちぢれ麺

茹で加減はぴったり。

ほどよい弾力が楽しめてスープもよく持ち上げる秀逸なもの。

 

 

スープ

 

飲んでみる。

 

はい美味しい!!

 

 

牛骨のスープは、みなさんの想像以上にクセがないですよ。

クセが無いのに深いコク、味わい深い。

醤油ダレと背脂との相乗効果がヤバすぎる、甘み、塩気とも完璧な味わい。

卓上で味が調節できるとはいえ、なるべくいじりたくない最凶チューニングのスープで、我慢できず完飲!

 

 

総評

 

ひさびさのきくちひろきさん、こんなに美味しかったっけ!?

驚愕の美味しさでした。感動でしばらく放心状態でした。

 

相方の食べた海老風味塩も激ヤバでした。海老を丸ごと飲んでるような極上スープ。

 

次回は味噌か、しそ風味塩に是非チャレンジしたいです♪ 

 

お腹も満足、ごちそうさまでした♪今回はこの辺で!バイキュー☆