ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

藤井聡太六段が竜王戦5組ランキング戦で阿部隆八段をくだす!!目下13連勝中!!七段昇進なるか、竜王挑戦なるのか連勝記録はどこまで伸びるかなど、楽しみが多い!!!

どうもー、ガイコツです。

 

藤井聡太六段、今日も勝ちましたよ!!

abematimes.com

藤井六段は昨期、竜王戦6組のランキング戦で優勝。本戦トーナメントの1回戦では増田康宏五段に勝利し、史上最多の29連勝を達成した。昇級して迎えた今期は、決勝に進出した時点で、七段への昇段条件の1つ「六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝」をクリアするため、七段昇段となる(四段時に6組から5組に昇級でも、連続昇級に含まれる。5組の優勝・準優勝は昇級決定)。

 

竜王のタイトルは昨年「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)が保持。藤井六段が挑戦するには、5組で優勝し本戦トーナメントに出場、決勝で挑戦者決定三番勝負を勝ち抜く必要がある。竜王のタイトルを獲得した場合、既に七段になっている藤井六段は、八段の昇段規定「竜王位1期獲得」もクリアし、八段になる。

 

藤井六段の2017年度の成績は、3月1日時点で69局58勝11敗、勝率0.840。年度をまたいで達成した29連勝を加えて4部門すべてで全棋士トップの成績だ。

 

相変わらずもの凄いですねぇ。

仕事中もちょくちょくチェックし、帰宅してからも酔っ払ってブログ書きながら見てました。

今日もいつもどおり、序中盤はじっくりとした将棋になりましたね。

終盤では阿部隆八段が先に持ち時間を使い切って一分将棋に入り、大変苦しそうでした。

感想戦でもずっと苦しい時間が続いた、良いところがなかったと話していました。

 

ところで、なんでいきなり将棋の話題かといいますと。

アクセス稼ぎたい気持ちも無いではないですが(笑)、わたくしガイコツ、実は、観る将なんです。

 

 

 

ガイコツと将棋の関係

 

養護施設時代、身近な遊びがお金のかからないものばかりだったんですね。

キャッチボール、三角ベース、ゴム弾、あやとり、なわとび、竹馬、トランプ、オセロ、読書…

 

そんな中で、将棋盤と駒もあったので、よく指しました。相手にはことかかなかったので。

なので、将棋はちょっと知ってたんです。

 

 

当時は、定石とか戦法とか手筋とかなーーーーんにも知らずに指してましたけどね。

 

 

昨年、藤井くんが10連勝したくらいのときにたまたまニュースで知って以来ずーっと応援してまして。佐々木勇気くんに連勝止められた時はがっくりきましたよ。

 

自分もにわかな指す将になったりして。でも、今でもぴよ将棋のレベル6ピヨ太にたまにしか勝てないクッソヘボ将なんです(-_-;)

 

 

棋書を読み漁って独学

 

色々本を買って勉強し直したガイコツ(頑張りやさん

将棋関係の書籍

 

羽生さんのみるみるシリーズで基本の基本から勉強し直して、そのあとは色んな本を読みました。

羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門 (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門 (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

 

この本は、駒の動かし方がわかるくらいの人におすすめです。 

序盤中盤終盤という将棋の流れという概念、駒同士を連結させるヒモづけの概念、角頭や桂頭の弱さなど各駒の特徴や役割、基礎的な戦法の序盤の指し方などが学べます。

 

駒の動かし方もわからないけど将棋を知りたいという方には↓こちらがおすすめです。

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

 

こちらはもっと基礎的な本になります。

将棋のことを全く知らないまま観る将をされている方がいるとしたらもったいないと思うのです。将棋って本当におもしろいですから。

ですので、こういった入門書で基礎的なことを知っておくと、聡太先生の将棋ももっと楽しく観られることうけあいです。 

 

毎日詰将棋もやってます。3手ハンドレベルだけど…(^_^;)

3手詰はわたしのやってるこちらが好評の一冊です。 

3手詰ハンドブック

3手詰ハンドブック

 

聡太先生とも対局経験のあるプロ棋士・浦野先生の詰将棋ハンドブックシリーズは、他に1手詰、5手詰めなどもありますよ。 

 

 

藤井聡太六段(2018年3月現在)の魅力

 

若き棋士・藤井先生ですが、連勝が止まってもめげることなく驕ることなく真摯に強くなることを目標に研鑽を続けて、先日ついに公式戦で天彦名人、羽生竜王、広瀬八段を打ち破って、史上最年少の棋戦優勝というおまけつきで朝日杯優勝という偉業を成し遂げました。

 

www.asahi.com

 

あ、史上最速での六段昇進もついてきましたね。

 

英雄不在の時代というわけでもない…フィギュアの羽生くんをはじめ、すごい人はたくさんいるんですが。

 

やっぱり藤井くんなんですよね、わたくしガイコツの中では。 

天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃

天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃

 

 予約して購入した『天才棋士降臨』。のちに伝説・語りぐさとなりそうな、「藤井聡太炎の七番勝負」の、藤井くん自身による自戦記が特に興味深いです。

師匠・杉本七段や羽生竜王(当時三冠)も寄稿していたり、写真もたくさんあって買ってよかったと思える一冊です。

完全に藤井ヲタですね笑

 

 

今後も目が離せない藤井将棋

 

さて、リンクの記事内にも書かれているとおり、今期竜王戦を決勝進出できると、七段への昇段条件の1つ「六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝」をクリアするため、七段になってしまいます。

師匠の杉本七段も勝数でもうすぐ八段ですが、ちょっと間違えると師匠に追いついてしまうというのもあり得るからこわい笑。

 

次の対局は3月8日、王将戦一次予選2回戦となります。

対局相手は、なんとその杉本昌隆師匠その人です!!

お互いに手の内を知り尽くしている同士の公式戦。

藤井くんも今日のインタビューで楽しみだと述べていました。

 

 

こっちが楽しみなんだよ!!!!!!!

 

 

あー、本当に目が離せない藤井将棋。次も魅せてくださいね!!

 

今回はこの辺で!バイキュー☆