ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

コインチェックが業務改善命令に係る報告書を金融庁に提出、日本円の出金も再開。 NEMの補償、他の通貨の取扱い再開の目処は?記者会見の内容は?

コインチェックが業務改善命令に係る報告書を金融庁に提出しました。

コインチェックが業務改善命令に係る報告書を提出

 

さらに、告知通り日本円の出金を再開しました。

コインチェックが日本円の出金を再開



これらに伴い、記者会見も行いました。

youtu.be

 

約400億円を出金したと。余力はどのくらいあるんだろうか。気になるところです。

 

本会見においては、事業継続の意思が確認できたということで、日本円の出金と併せて大口の投資家はホッとしているのではないでしょうか。

 

政府も、一貫して投資家保護の立場を明言しているので、最悪の事態は回避できそうな気はしています。

www.sankeibiz.jp

 

 

また、NEMの補償金についても、「ほぼ目処はついた」との発言があり、これはわたくしガイコツもちょっと安心出来ました。

 

ここで問題となるのがその補償レート。

当初コインチェックが発表したNEMの補償に関するレートは、国内でもっともNEMの取扱いが多い取引所Zaifの出来高を用いて、コインチェックの売買が停止した1月26日12時9分から1月27日23時までの間の加重平均で算出するとしていました。

 

その額、88.549/JPY。

 

一方、NEMの現在のレートは、コインチェックのもので55.297/JPY。

2018年2月13日22時現在のXEM/JPYのレート@coincheck


本当に88.5JPYで補償されるのであれば、その補償金でNEMを買い増せば大幅に枚数が増やせることとなります。

果たしてどうなることか。続報を注視したいですね。

 

今日記者会見があるとの報を知って嫌な予感がしていたのですが、悪い予感はとりあえず外れてくれたようです。

 

引き続き、一刻も早いNEMの補償と他の仮想通貨の出金の再開を願うガイコツでした。