ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

国産クラフトビール 紅赤-Beniaka-がさつま芋美味い

どうも、ガイコツです。今日も飲んでます。花粉にはビールです(嘘です。

 

今回いただいたのは関東のブルワリー、COEDOさんの

紅赤-Beniaka-

です。 

COEDO コエドビール 紅赤 (beniaka) 330ml瓶 6本セット
 

 

 

 

 

紅赤-Beniaka- 

COEDOブルワリー 紅赤-Beniaka-

 

色合いはかなりダークめなブラウン。無濾過ということですが、濁りはあまりみられません。

赤茶色のラベルはそのまま原料のさつま芋カラーですね♪

泡立ちはかなりかなーーり控えめ。ドバドバ注いでもあふれることがありません。

 

内容量:333ml

アルコール度数:7%

ビアスタイル:オリジナル・エール(Imperial Sweet Potato Amber)

原材料:麦芽、さつま芋、ホップ

原産国:日本

保存方法:要冷蔵(無濾過のため)

酒類の区分:発泡酒(麦芽比率50%以上)

※発泡酒とされているのは日本の酒税法のせいです笑

 

アンバーエールについてはこちらも是非ごらんください。

 

 

裏側のラベルにはこんな文句が書かれています。

赤みがかった琥珀色と香ばしい甘みが特徴のプレミアムエール。
上質の麦芽と薩摩芋(武州小江戸川越産金時薩摩芋紅赤/焼芋加工)から生まれた類い希な仕上がりです。
薩摩芋の風味と色にちなんで、「紅赤-Beniaka-」と名付けました。
本品は、ろ過をせず瓶詰めをしています。「無ろ過・生」ならではの豊潤な味わい「日本川越オリジナルのエール」をお楽しみください。

 さつま芋がふんだんに使われたエール!これは飲む前からワクワクですね!

 

COEDOブルワリーさんについてはこちらも是非ごらんください。

COEDOさんがはじめて開発したさつま芋を使用したビールが、紅赤の原型となっているそうです。

 

 

紅赤-Beniaka-をテイスティング

 

香りは香ばしいですね。ロースト感が強いです。

また、甘い香りもかすかに漂います。

 

口に含んでみると…むむ、深いコク!!

ほのかな甘みが心地よい飲み口です。

さつま芋感は注意深くテイスティングしないと現れてきませんが、甘みと香ばしさの奥底で、コクによる下支えをしている感じです。

芋焼酎みたいな風味を想像していたのでびっくり!

まろやかさも加えています。

エールの苦味はかるーく下を通り過ぎます。

7%という度数もちょうどいい。

 

  

まとめ

 

麦芽比率50%以上を謳っていますが、逆算するとさつま芋比率が相当高いということですよね。

さつま芋を半分近く使って、こんなに美味しいエールができてしまうものなのか…。

改めて、ビールの世界の奥深さを感じた驚きの一杯でした。

 

ほろよいでいい気分、ごちそうさまでした!今回はこの辺で!バイキュー☆

 

 

※2018.04.04追記

 

COEDOさんのレギュラービールを全てレビューし終えました。

日本の色を冠する6つのビール。どれも美味しくて、しかも価格も安くて、品質とコスパのバランスが神ってるブルワリーだと改めて再認識しましたよ!!

 

 

www.gaikotsublog.com

www.gaikotsublog.com

www.gaikotsublog.comwww.gaikotsublog.comwww.gaikotsublog.com</citewww.gaikotsublog.com