ガイコツブログ

お酒、ラーメン、映画、etcの気ままな雑記ブログ

ガイコツブログ

世界最大規模の通信系展示会 『モバイルワールドコングレス』(MWC)2018が始まりました。

スペインのバルセロナで、現地時間2月26日より、世界最大級のモバイル関連の見本市「Mobile World Congress(MWC)」が今年も開催となりました。

Mobile World Congress(MWC) モバイルワールドコングレス2018

www.mobileworldcongress.com

携帯通信会社やデバイスメーカーなど幅広いテクノロジー企業がこぞって出展します。

  

日本からはNTTドコモやソフトバンク、ソニー、NECなど日本を代表する通信系企業が出展しています。

主催者によると、昨年の参加者数は10万人を超えたとのこと。

 

今回は、このMWC2018に関する興味深いニュースを集めてみました。

 

 

 

サムスン

 

サムスンは「Galaxy S9」「Galaxy S9+」を発表しました。

「AI(人工知能」の搭載が重要な要素となっているようです。

news.mynavi.jp

 

 

ソニー

ソニーモバイルコミュニケーションズは、スナドラ(Snapdragon)845を搭載した、Xperiaの新モデル「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」を発表しました。 

k-tai.watch.impress.co.jp

 

 

ノキア

ノキアは25日、60ギガ(ギガは10億)ヘルツ帯の高い周波数帯を使った無線通信分野で米フェイスブックと協業すると発表。

www.nikkei.com

 

 

 

コネクテッドカー技術

5Gを見据えたコネクテッドカーの出展も注目されています。

総務省|平成27年版 情報通信白書|コネクテッドカー

 

自動車メーカーとしては、今年はトヨタ自動車、ダイムラー(メルセデスベンツ)、BMW、セアト(VWグループ)、マクラーレンなどが参加。

人工知能(AI)を使ったコネクテッドカーなどの出展が注目を集めていますね。

 

 

インテル

インテルが東京五輪に5G導入へ、完全なコネクトカー目指すとしています。

response.jp

5Gとは次世代(第5世代)の移動通信システムのこと。

高速で大容量のデータをやり取りできることから、高度な自動運転やコネクテッドカーなどの実現に欠かせない技術とされています。

 

 

コンチネンタル

コンチネンタルが発表したスマートアクセスシステムも大変注目されています。

コンチネンタルのスマートアクセスシステムの中核技術・仮想スマートフォンキーが話題をよんでいるのです。

response.jp

 

 

クアルコム

クアルコムは、自動運転やコネクトカー向け5Gネットワークのテスト結果を発表しました。

response.jp

 

 

まとめ

 

MWCには、今年も世界最先端の通信技術が集まっているようですね。

個人的には、ブロックチェーン技術がどう絡んでいくのかに注目しています。 

www.gaikotsublog.com

 

MWCについては、気になるニュースが入り次第、この記事を更新していきます。

 

今回はこのへんで。バイキュー☆